浅間山 慈恵院
通話無料
0120-76-9412
電話受付 8:00~21:00
お問い合わせ
禅宗 付属多摩犬猫霊園
通話無料
0120-76-9412
電話受付 8:00~21:00
浅間山 慈恵院
禅宗 付属多摩犬猫霊園

スタッフブログ

あるお寺の標語:それがどうした

お寺の門前に、よく毎月の標語が掲げられていますね。

素敵な言葉ばかりですので、意識的に読むことにしています。


件名の「それがどうした」は、お世話になってるお寺で昨年の秋に見かけました。

写真を撮っていないのですが、”怒った感じの文字”だったと思います。


目にした瞬間に痺れました。


感じたままでいいです。考えてもいいです。どの立場であっても突き付けられます。

「それがどうした」・・・と。


仏教的な意味から離れて、改めてこの言葉と向き合ってみて下さい。

私達はどうでもいいことに悩んでいませんか?


そうは言っても、周りとの関係があると物事を簡単にできません。

だからこそ、自分一人の問題として考えると、分かりやすいかもしれません。


次の休みに何をしようと考えるのはいいですが、あれもしたいこれもしたいと悩みだしたらキリがありません。

自分だけの問題で、こだわっても仕様がないのです。


そのうちに、悩むことに悩んだりして最悪です。


昔好きだった歌の歌詞に「忙しいと言うのが忙しい人」という歌詞がありました。

言い換えると『疲れた疲れたと、喉が疲れるまで言う人』を揶揄した表現です。


反面教師として意識していれば、そうならない努力が出来ます。


自分だけが必死になっても、周りからしたらどうでもいいことなら、”それがどうした!”と自分を叱りつけると、とても楽になりますよ。


宗務部 勇堂


一覧へ戻る
通話無料
0120-76-9412
電話受付
8:00~21:00