【東京都府中市】立川市・足立区エリアのペット葬儀 | 慈恵院の犬や猫などのペットが亡くなった際のご遺体の保存方法・安置方法

法要行事カレンダー ご供養申込み リンク集 お問合せ サイトマップ

電話番号 府中本山042-365-7676 足立別院03-3628-7676

電話番号 府中本山042-365-7676 足立別院03-3628-7676アクセスマップ

トップページ > スタッフブログ > 犬や猫などのペットが亡くなった際のご遺体の保存方法・安置方法

スタッフブログ

お問い合わせ

犬や猫などのペットが亡くなった際のご遺体の保存方法・安置方法

■2016/11/13 犬や猫などのペットが亡くなった際のご遺体の保存方法・安置方法

「ご遺体を清めて安らかな姿で安置する」

毛並みを整えて、まぶたや口を閉じてあげましょう。
お湯で湿らせた布などで、全身をやさしく拭き取ります。
ご遺体から体液が滲み出す可能性がありますので、ペットシート等を敷いて、口や鼻、肛門周辺を丁寧にガーゼで拭き取ってください。可能ならば、綿(綿球)等を口、鼻、肛門に詰めてあげましょう。
暑い季節は遺体の痛みが早い為、保冷剤をタオルに包んでお腹のあたりに一緒に入れて、エアコンの温度をなるべく低めに設定しましょう。
死後硬直は、予想より早く死後2時間程度で手足から腹部、頭部といった順序で広がっていきます。
遺体を長時間の間そのままにしておくと、前肢、後肢がつっぱったまま硬直してしまい、棺に収まらなくなる可能性がありますので注意が必要です。
ペットが亡くなられたら、硬直が始まる前に前肢、後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげましょう。

「お棺に納棺をしましょう。」

を安置するときにはペットの体のサイズに合う大きさのダンボール等が必要になります。
箱の中には大きめのバスタオルやシーツ等を敷いてからご遺体を納棺します。
体液が滲みだすこともありますので、一番下にペットシートを敷くと良いでしょう。
お棺の中には、生花や少量の好きだった食べ物、綿製品(タオル等)を入れることは可能です。
食べ物の容器、金属類(首輪)やプラスティック製品(玩具)、ゴム製品等の難燃性の物は避けて下さい。
火葬の際お骨に付着し綺麗に火葬されない場合がございます。
缶詰は破裂し、お骨を破壊してしまいます。絶対に入れないようにしましょう。
ご自宅で葬儀予定日まで安置することが出来ない場合は、温度を下げた霊安室で当院が安置保管いたします。
(ご自宅までお引取りにお伺いして葬儀当日まで無料でお預かりもいたします。)

慈恵院では、ダンボール製のお棺は無料でご提供しております。
また、有料のバスケット製棺や人間のお棺と同等の木製棺等もご用意しております。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
宗教法人慈恵院
http://www.jikeiin.jp/
住所:東京都府中市浅間町 2-15-1 
TEL:042-365-7676
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

慈恵院ブログ

ありがとう広場

お食事処

ペット用仏具

季刊誌情報

メディア情報

慈恵院付属多摩犬猫霊園


府中本山

〒183-0001
東京都府中市浅間町2-15-1
TEL.042-365-7676
FAX.042-336-3888
府中本山アクセスマップ


足立別院

〒121-0055
東京都足立区加平1-14-3
TEL.03-3628-7676
足立別院アクセスマップ


禅宗 浅間山 慈恵院 付属多摩犬猫霊園
開門 午前8時~閉門 午後17時